水のトラブルを素早く直す業者を選ぶ

水のトラブルを素早く直す業者を選ぶ 水回りは、毎日家族が集まる大切な場所です。水回りは家族や自分が常に使う場所であるため、水のトラブルが発生したら、一日でも早く修理したいものです。日ごろからどんな清掃をすればよいか、どんな問題が発生しやすいか考え、トラブルが起こる前に対策をし、なるべく防止することも良い方法です。修理業者を事前に選択し、価格を含めたサービスを吟味しておくことも大切です。依頼できそうな業者はどんなサービスを行っているか確認します。業者によっては、日曜や早朝の修理はできないというところがあります。依頼してから時間がかかる場合もあるので、細かいところも電話やメールで確認しておきます。

■毎日気を付けること

水のトラブルといっても、様々な種類があります。まず、水漏れです。水漏れとは、蛇口や止水栓のような配管部からポタポタ水が落ちている状態です。キッチンの流しの下や、洗面所の下といった、パイプ部分から水が落ちていることもあります。他にも蛇口を閉めても、閉まりきらず水が出てくることもあります。見た目は少しでも、ずっと水が流れている状態なので、早めの対策が必要です。毎日蛇口を閉める習慣をつけ、水漏れにすぐ気が付くように注意します。
水詰まりというトラブルもあります。これは排水部に流れていかなければならない、水が詰まってしまうことです。トイレなら、トイレに流してはいけないものをうっかり流して、詰まることがあります。お風呂場や洗面所なら、気づかないうちに髪の毛などが流れて、排水部の水の流れを止めていることがあります。流れにくいものや水に溶けないものを流さない、という工夫が必要です。

■業者に依頼する前に
ほとんどの水のトラブルは、素人が修理するのは難しいため、業者に依頼することになります。その前に少しの時間を取って、水のトラブルがどこから発生しているのかチェックします。水漏れなら、どの部分から起こっているのか、よく確かめます。水が大量に漏れているなら、一度近くの止水栓、水の元栓といった部分を止めておきます。こうすると水が漏れ続けて床が濡れる、ということを避けることができます。
蛇口の経年劣化によるものなら、蛇口 交換が必要となる場合があります。交換の前に業者に見てもらって、対策がないかどうか確認することもできます。水詰まりなら、パイプクリーナーなどの洗剤で、目に見えない汚れを落とすという方法もあります。一度きれいに清掃してから、再度水を流して、流れを確認します。トイレのつまりには、ラバーカップを使って、何回か水を勢いよく動かしてみます。

■業者を選択する

電話帳やインターネットから地元の業者、修理できるところを選んでいきます。次に、かかる費用について確認します。最初に言っていた価格と異なる価格を請求された、という場合は少なくありません。修理には修理費、交通費、材料費といったいくつかの項目が発生します。ある業者は一括で請求し、また別の業者は項目を分けているケースもあります。いずれにしても、全体でどれだけかかるか、しっかり確認する必要があります。時間に余裕があるなら、二社以上の価格を比較することが大切です。
蛇口 交換を考えているなら、ホームセンターや蛇口の販売小売店に行って材料費がどのくらいかかるのかを確認することもできます。目安は、ホームページにも掲載されていることが多いので、そうした情報も確認します。

■まとめ
水のトラブルがなるべく発生しないよう、日ごろからできるメンテナンスを行います。こまめな清掃や、クリーナーを使った掃除も大切です。どうしても修理を業者に依頼しなければならない場合は、事前に元栓をしめたり、場所を突き止めておき、修理が的確に行えるよう業者に伝えることもできます。時間があるときに、業者を調べて選定しておくと、心の余裕ができます。どんな業者が評判が良いか、どの時間帯なら修理してもらえるか、調べておきます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース