水のトラブルを回避するためのちょっとしたメンテナンス

水のトラブル、と聞くと何を真っ先に思い浮かべる人が多いのでしょうか。家の中の水回りには様々な部分があります。上手にメンテナンスするなら、きれいに長く使うことができます。

■ちょっとした清掃を行う

水回りに限ったことではありませんが、きちんと清掃するなら、色々な部分を長くもたせることができます。定期的に清掃できる場所は色々あります。
トイレは便器の清掃に加えて、時々排水部も掃除をおこないます。小さい子供がいるなら特に、ティッシュペーパー以外のものを流さないよう注意します。水の流れが悪いと感じるなら、ラバーカップを使って排水部の水を吸い出し、清掃をすることもできます。
台所や洗面所の排水は、パイプクリーナーなどを使って清掃します。時々清掃することで、排水部からくるいやなニオイを阻止できます。つまりの原因となる髪の毛や茶色のヌメリも落とすことができます。長く清掃をしないなら、配管についてしまった汚れが落ちなくなっている、ということもあります。その場合は、業者に依頼して高圧洗浄を行うなど、本格的な清掃が必要です。

■部品のチェックを行う

水のトラブルは、水漏れや詰まりといったものがほとんどです。水漏れは蛇口付近や止水栓といった、見えるところが多いため、目で確認することができます。蛇口付近のパッキンや、蛇口のねじといった部分は消耗品なので、ある程度の年数が経ったら交換が必要です。水がポタポタ落ちているな、ということに気づいたら少し観察し、どこから発生しているか確認します。簡単な場所なら自分で交換できるかもしれません。
注意が必要なのは、キッチンの下や洗面所の下のところから水漏れしている場合です。毎日開けていない場所なら、しばらくの間気付かない、ということがあります。放っておくと、水漏れだけではなく引き出しの中が水浸しになっていたり、床が腐ってしまう、という事態を招きます。水のトラブルがもとで、システムキッチンの全体をメンテナンスしなければならないことも起こります。

■まとめ
水のトラブルを回避するために、水回りを丁寧に使うことは大事です。家族が多くなればなるほど、それぞれのちょっとした心がけが大切になってきます。目についたところを掃除したり、ホームセンターなどで購入できるクリーナーを使ってこまめな清掃を心掛けましょう。
トラブルが起こっているなら、水漏れの場所がどこから起こるか、目で確認してから部品交換を行います。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ